メタトレーダー5とその背景

メタトレーダー

MT5が発表されたのが2010年6月でした。3年が経過していますが、FX業者の正式採用はMT4となっています。MT4が普及(人気化)した理由の一つにExpert Advisorsプログラムが馴染み易かった事が挙げられます。

 

しかし、MT4とMT5はMQL4とMQL5と言う別のプログラムの為に互換性がありません。また、「MQL5に書き換えるならMQL4のままで良い」ならば、MT4で良いとなってしまっているようです。プログラム以外でも取引ルール(両建て・個別勘定などができない)の影響で移行されない方もいます。

 

MT5になりチャートなどの時間軸が詳細化など活用しやすい仕様に変化していますが、MT4からMT5へ移行するメリットがデメリットを大きく上回らないため使い慣れたMT4を使っているのが現状です。ダウンロードは無料なので、ご自身で双方を利用し、使いやすいツールを利用される事をお勧めします。


このページの先頭へ戻る