FXの仕組み

メタトレーダー

FXとは「margin Foreign eXchange trading」の略で正式名称は外国為替証拠金取引と言います。証券会社等に証拠金を預けて、それ以上の大きな金額の取引を行うことが出来ます。FXで何を行っているのか? 外貨の取引きを行い、利益を出す(損失を出す)取引のことです。

 

例)1ドル=100円のときに10万円で1,000ドル買います。(証拠金の項目で説明しますが、この状態はレバレッジ1倍です。)

 

円安で「1ドル=102円」になったら、手持ちの1,000ドルは10万2000円に交換できるので、2千円利益が出ます。また逆に円高で「1ドル=98円」になったら、手持ちの1,000ドルは9万8千円になり、2千円損失となります。このように「ドルを買って、円を売る」国際通貨を取引して、為替レートの差額が利益になる取引がFXです。

FXってそもそも何? / メタトレーダーでFX!関連ページ

証拠金って何のこと?
各国の金利の違いでも利益が発生

このページの先頭へ戻る