FXの基礎・入門情報 / メタトレーダーでFX!記事一覧

FXとは「margin Foreign eXchange trading」の略で正式名称は外国為替証拠金取引と言います。証券会社等に証拠金を預けて、それ以上の大きな金額の取引を行うことが出来ます。FXで何を行っているのか? 外貨の取引きを行い、利益を出す(損失を出す)取引のことです。例)1ドル=100円のときに10万円で1,000ドル買います。(証拠金の項目で説明しますが、この状態はレバレッジ1倍...
FX(外国為替証拠金取引)を行うには、取引業者(証券会社系やネット系)に口座を開設する必要がありますが、その際に入金したお金を証拠金(担保)として預け入れます。「証拠金」は損失の担保として預け入れ損失比率の設定範囲内でで取引できるという仕組みです。証拠金取引は、全ての取引で生じた損益分のみのお金を相殺します。これを「差金決済」と言います。実際に預ける証拠金では、25倍まで取引額を増やす事?可能です...
現在は日本円やアメリカドルは金利が0%のため関係がありませんが、各国通貨には金利の設定があります。外貨預金で金利を稼ぐ原理と同じです。それがFXの場合、1日分づつ加算されて行きます。現在ではオーストラリアドル(豪ドル)あたりで1日1万ドルあたり70円程度加算されます。1万ドルの証拠金は最低400ドル(4万円)あたり週500円の金利 夢膨らまして400万円の証拠金で週5万円!なんて机上の空論を展開し...

このページの先頭へ戻る